アニウェル「瞳きらきらボーロ」(銀柴・レビュー)

我が家の高齢柴犬(13歳)・ポチさんは胃腸が弱く、普段食べないものをあげると体調を崩してしまうことがあります。

エサを高機能な高齢犬用フードに切り替えるため、徐々に食べさせてみても高い確率でお腹がキュルキュル鳴ったり、下したりするため、諦めることもしばしば。

そのため、新しいフードやおやつを試すときには、①ポチさんの体調がよく、②食後の様子がみられるように朝ごはんか昼ごはんを新しいフードにし、③病院が休みの日は避けるという細心の注意が必要です。

そんなポチさんが食べられる数少ないおやつがアニウェルの「瞳きらきらボーロ」。
f0332658_12125443.jpg

「たまごボーロ」のような形状で、その名の通り眼によい成分が配合されているおやつです。

ポチさんはこれが大好きで、目薬や薬塗りなど嫌なことを我慢できたときのご褒美としてあげています。

また、継続してあげていると「涙やけ」(目元が黒くなること)が軽減しました。

もちろん個体差はあるのだと思いますが、ポチさんには適しているようですし、知り合いの犬(小型犬)も症状が軽減ようです。

もう少し安いと助かるのですが、ポチさんが食べられる数少ないおやつですし、何しろ散歩のときに持っていくとポチさんが「ボーロくれるまで歩かない」とストライキするほど好きなものなので、我が家では継続的に購入しています。
f0332658_12125473.jpg

散歩の途中、瞳きらきらボーロを待ち望むポチさんです。
[PR]
by inutoma | 2014-07-07 12:11 | 柴犬 | Comments(0)