「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ハンドメイド( 13 )

6月17日にご紹介した「買物準備柴犬」はんこを利用した通帳入れを作成しています。

通帳入れの型紙はこれまで作成したものと同じです。

現状の進捗はこの程度。
f0332658_12182841.jpg

袋状には縫い終わりました。

あとは蓋部分にホックを付け、返し口を閉めれば完成です。

あと一息です。
[PR]
5月29日に途中経過報告をしました御朱印帳入れが完成しました。
f0332658_12303872.jpg

蓋側
f0332658_12303860.jpg

背中側

「御朱印柴犬」を散らした布を表布としています(裏布は無地)。
f0332658_12303942.jpg

御朱印帳は2冊入ります。

なぜ2冊分かというと、我が家にある御朱印帳が2冊だったため。

手前の木目調の御朱印帳はかなり厚みがあるため、薄い御朱印帳なら3冊入るかもしれません。
f0332658_12303931.jpg

御朱印帳を入れて蓋を閉めたところ。

コロンとした姿が弁当箱入れに見えなくもないです。

柴犬柄の御朱印帳入れはなかなか無いのではないでしょうか。

我が家好みのものが作れたので大変満足のいく一品です。
[PR]
5月27日にご紹介した消しゴムはんこ「御朱印柴犬」を使った「御朱印帳入れ」を作成しています。

表布はリネンを使い、そのうえに「御朱印柴犬」を散らしてみました。
f0332658_12411961.jpg

裁断→地直し→乾燥→アイロン→押印→乾燥→アイロン
の作業で数日。

慣れていればもっと早いのでしょうが・・・
[PR]
GW前に通帳ケースパスケースを作成し、その後ちょっと停滞しているミシンがけ。

しかし、いろいろと試してみたいものは出てきます。

1つはランチョンマット。

「なぜ?」と言われると特に理由はないのですが、我が家で使っているものを見てフト「作ってみよう」と。

2つめは扇子入れ。

これからの季節、よく使うことになる扇子。

しかし私は扇子入れを持っていなかったので、自作してみようかと思っています。

そして3つめが御朱印帳袋。

GWの奈良旅で少し目覚めてしまった御朱印。

そのための御朱印帳を入れる袋を作ってみようというものです。

作成へのモチベーション的には今は御朱印帳袋が一番高いです。

もちろん、御朱印帳袋に合わせる消しゴムはんこもデザイン中。
f0332658_11473187.jpg

通帳入れを応用して御朱印帳袋にチャレンジしてみようと思っていますので、また経過はご報告いたします。
[PR]
鉄道旅行に付き物なのが、ICカードと切符。

電車の乗り降りには当然切符やICカードが必要ですし、新幹線だと乗車後に検札で特急指定券を出したりしなければなりません。

しかし荷物が多かったり、切符が多かったりすると意外ともたついてしまうもの。

そこで今回の旅行用に作成したのがこちら。
f0332658_13381531.jpg

「旅する柴犬」パスケース

以前ご案内した図案のはんこを表に押しています。

内側は
f0332658_13381665.jpg

風呂敷を背負った柴犬。

電車から降りてのんびり歩いている柴犬をイメージしています。

今回の旅行では、これに100円ショップで売っているストラップをつけて
f0332658_13381791.jpg

首から下げ、そのなかにICカードや切符を入れていました。

新幹線でもスッとチケットを出せ、また関西圏のICカードを入れてそのまま自動改札にかざしたりと、結構使えました。

自画自賛ですが、結構便利に使えた一品です。
[PR]
先日ご紹介した縁起物はんこ。

これらを使って通帳ケースを作成しました。
f0332658_12265658.jpg

蓋側
f0332658_12265638.jpg

背中側
f0332658_12265735.jpg

蓋を開いたところ

実家で使っている通帳を見てみたら、銀行で貰えるビニールケースを使っており、しかもボロボロ。

ビニールどうしの接合部分が破けたりしていて、いたるところがセロハンテープで修補されていました。

ものを大切に使うのは良いことなのですが、通帳やキャッシュカードを落としてしまっては大変。

そこで通帳ケースを作って渡すことにしました。

通帳にお金がたくさん集まるように縁起物のはんこでデザインする一方、機能面でも少しこだわりが。

たとえば「D管」をつけチェーンやストラップで鞄等に繋げられるようにしました。
f0332658_12265894.jpg

紛失防止ですね。

そして袋部分。

通帳入れなので、当然に通帳が入るサイズですが、
f0332658_12265760.jpg

もう少し広くして一万札でも余裕で入れられる大きさにしました。
f0332658_1226598.jpg

私だけかもしれませんが、ATMでお金をおろす時って、意外とワタワタしてしまいます。

まずカードと現金がATMから出てきて、現金をお財布にしまっている間に、通帳が出てくる。

早く取らないとATMがピーピー鳴り出すのに、焦るとお財布にお札がうまく収まってくれず手間取ってしまう・・・

そんな経験ありませんか?

私は結構焦ってしまうほうなので、とりあえずお金も通帳もカードも放り込めるように通帳ケースを作りました。

通帳ケースに全部放り込んだ後、蓋のスナップボタンを閉じて、帰ってからゆっくりお金と通帳の整理をしてもらえばよいと考えた次第です。

私と同じ血が流れている両親もきっと焦るだろうという前提・・・両親に言ったら「そんなことはない」と言われるかもしれませんが。

今の私の技量からすればよくできたほうなので、両親にも使ってもらえると嬉しいですね。
[PR]
消しゴムはんこの可能性を広げるべく挑んだミシン。

昨年は消しゴムはんことミシンでがま口作りにチャレンジしました。

そして今年は更にレパートリーを広げることを決心。

その第1作として取り組んでみたのが「通帳ケース」です。


私や私の実家では、通帳を銀行から貰ったビニールケースに入れているのですが、銀行に通帳を持っていくときには「ケースから落ちないかな?」とちょっと不安になったりします。

また、通帳でATMから現金を引き出すときも、次々とATMから出てくる現金→キャッシュカード→通帳のめまぐるしさに人間が追いつかず、(通帳等を受け取るのが遅いと)ピーピー鳴り始めるATMにさらに焦るという悪循環に陥ってしまいがちです。

そのため、とりあえず現金と通帳、カードをガバッと放り込んでおける蓋付の通帳ケースを作ってみようと思い立ったのです。

ただ・・・初めて作るので、ケースの展開図が立体的に認識できず、そのため布のどの位置に押したハンコがケースになったときにどこになるのかが全くイメージできませんでした。

で、結局、「考えているより一度試作を作ってみたほうが早い」というので出来上がったのがこちら。
f0332658_11353483.jpg

表布のデザインは、「柴唐草」。
f0332658_11353561.jpg

蓋に柴犬、本体は唐草のみのハンコです。

そして内側に
f0332658_11353592.jpg

「柴グラム」。

この作品では蓋部分と背中側部分の面積の調整に失敗したため、デザインがちょっとはみ出してしまっています。

まあ、これも試作品故ということで・・・

蓋部分の面積も含めて改善すべき点もありますが、試作品を作ってみたことでだいぶイメージが掴めました。

少しずつ改良しながら完成度を上げていきたいと思います。
[PR]
8月9日ご紹介した「柴桜」を使ってTシャツを作ってみました。

作ったといっても無地のTシャツにハンコを押しただけですが。
f0332658_1031414.jpg

Tシャツのバックに「柴桜」。
f0332658_1031542.jpg

f0332658_1031598.jpg

左肩甲骨あたりに柴犬、そして左から右に桜が流れています。
f0332658_1031662.jpg

フロントには「おめで鯛」。
がま口にも押しましたが、個人的に気に入っている図案です。

「柴桜」は、Tシャツに押してみたいと思って作ったはんこです。

そのため、通常の作品よりも少し大きめに作り、また流れる桜も単調にならないよう大きさを3種類作っておきました。

8月7日にも少し書いたとおり、もともとは別の図案でTシャツを作成するつもりでしたが、元の案が没になったため、この「柴桜」をTシャツ用に作成した次第です。

今回は白いTシャツで作成しましたが、これが別の色だった場合にはどういう色のインクを合わせれば映えるか、またTシャツのスペースを埋めるには他にどんなデザインが考えられるのか、いろいろと興味が沸いてくる分野です。
[PR]
どんな分野でも同じかもしれませんが、何かが閃くのは全く関係が無いことをしているときだったりします。

閃きは気まぐれで、ふっと頭に降りてきたかと思ったら、次の瞬間にはもう居なくなってしまう。

そのため、閃いたチャンスを逃さないために、だいたい手の届く範囲に小さなノートを置いています。
f0332658_12353324.jpg

なにかアイディアが浮かんだら、すぐにノートに書き留めておき、時間が出来たときにゆっくりと推敲するためです。

備忘録なので、中身は整理も清書もせずに雑多な感じで書かれています。

例えばペンダントのイメージだったり
f0332658_1235349.jpg

パスケースのアイディアだったり
f0332658_12353495.jpg

図案のアイディアだったり
f0332658_12353578.jpg

します。

ポチさんとの散歩中に思いつくときは、携帯のメーラーにキーワードだけ記しておき(もちろん、安全な場所で立ち止まってから)、自宅に帰ってからノートに転記します。

続けていくとノートが段々溜まっていきますが、捨てずにしばらく経ってから見直すと、新たな発見もあったりします。

私のノートは現在4冊めの終盤。

これらは私の大事な財産です。
[PR]
6月26日にご紹介した「柴犬 おめで鯛」はんこ
を使って、がま口をデザインしました。
f0332658_1081091.jpg

丸型のはんこが丸みのあるがま口にマッチしています。

また、布目が粗いので、刺し子のような風合いになりました。

小銭入れとしての利用のほか、喫煙具やのiPod等の収納ケースでもよさそうです。

ちなみにインクはツキネコ社の「バーサクラフト」を使用しています。

これは布用のインクで洗濯しても滲みませんので、今の時期の屋外利用もOK。

今回は既製品のがま口にはんこを押しただけですが、がま口の面白さにちょっと触れたような気がします。

ゆくゆくはがま口自体もハンドメイドしてみたいです。
[PR]