「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:消しゴムはんこ( 136 )

今年初めに作成して、未紹介だった消しゴムはんこを1つ。

こちらです。
f0332658_11413780.jpg

題して「桜の柴犬」

桜と柴犬をテーマにした作品は他「柴桜」がありますが、こちらは柴犬自体を桜模様にしたもの。

柴犬が走ったあとに桜が舞い散る姿をイメージしています。

ある調査では外国人が日本からイメージするものの上位に「桜」が入っているとか。

柴犬と桜で「ザ・日本」的な図案。

「柴桜」と同じようにTシャツを作っても面白そうです。
[PR]
先日、妻が誕生日を迎えました。

誕生日プレゼントは別に用意していたのですが、諸事情により当日プレゼントの現物を渡せなかったので、かわりにituneのプリペイドカードも贈ることに。

コンビニで購入したため特段の包装もされておらず、そのまま渡すのも味気ないので、はんこを使って洋封筒を飾ることにしました。

それがこちら
f0332658_12092152.jpg

はんこに使った消しゴムのサイズはハガキ1/2サイズです。

細かいところで工夫しており、
「a」の中空き部分は犬の足跡
「p」の丸まり部分は柴犬のしっぽ
に見立てて彫ってあります。

犬好き同士だからできるデザインですね。
[PR]
7月6日に続き、フランス「っぽい」はんこの制作状況です。

今週は「紳士淑女柴犬」はんこの手直しとエッフェル塔はんこを制作でタイムオーバーでした。
f0332658_11573287.jpg

エッフェル塔はんこは下書きの跡も残ったままの状態です。

来週も頑張ります。
[PR]
7月1日にご紹介したフランス「っぽい」はんこの作成状況です。

大まかに彫り終わったので、試し押し。
f0332658_12122978.jpg

フランスっぽく赤と青のインクを使ってみましたが、まだまだ彫りが荒いですね。

彫り残し部分が多々見られます。

今回は普段使うものとは違う消しゴムを使ってみたのですが、彫っているときの感触が違うので思いのほか苦戦しています。

いつも通りの力で彫ろうとすると彫れ過ぎてしまい、
警戒しながら彫ると、彫り残しが多くなってしまう・・・

弘法大師級なら「筆」ならぬ「消しゴム」を選ばないのでしょうが、私ぐらいの腕ではまだまだ道具に頼っているということでしょうね。

もしかしたら最初からやり直す可能性も含みつつ、頑張って進めていきます。
[PR]
6月24日にフランス「っぽい」はんこをご紹介しましたが、それらのはんこのメインとなる図案が完成しました。

こちらです。
f0332658_12220631.jpg

パリの街角でカフェを楽しむ紳士・淑女な柴犬です。

紳士柴犬はシルクハットにジェントルマンの嗜み・ステッキを持ち、
淑女柴犬はおしゃれな帽子にネックレスをつけています。

晴れた日、エッフェル塔を望むカフェで紳士・淑女な柴犬が楽しいひとときを過ごしている・・・

そんな私のイメージから生まれたはんこです。

これから少しずつはんこを彫っていきます。
[PR]
ふとあるイメージが浮かんだので、それに必要なはんこの図案を描いております。

その1つがタイトルにもあるフランス「っぽい」はんこ図案。

私はフランスに行ったことがないので、私が思うおフランスっぽさを図案にしてみました。

まずは、
f0332658_15240924.jpg

エッフェル塔

私にとってフランスの象徴といえばエッフェル塔か凱旋門。

凱旋門の特徴をとらえた図案は難しそうだったので、エッフェル塔にしました。

一応ダメ押しでてっぺんに国旗をつけてます(本当はないでしょうが)。

そして
f0332658_15240999.jpg

ワインとハイヒール。

美食とファッションの街ということで、選んでみました。

これらのはんこを脇役として、別にメインたるハンコも考えています。

それらの組み合わせることで「イメージ」を具体化していきたいと思っています。
[PR]
6月10日に図案をご紹介した「買物準備柴犬」のはんこが完成しました。
f0332658_12120131.jpg

はんこ自体はこんな感じ。

押してみると
f0332658_12120144.jpg

こんな感じです。

今回の図案では初めて柴犬に吹き出し(正確には「頭の中」ですが)を付けてみました。

漫画っぽくなるのがなんとなく嫌でいままで避けていたのですが、やってみると物語性がよりはっきり出て良かったと思います。

次は「ATMつながり」ということで、このハンコを使って通帳入れを作ってみたいと思います。
[PR]
前回、御朱印帳入れ用のはんこを作成したので、今回は通帳入れ用のはんこを計画中です。

図案はこちら。
f0332658_12042781.jpg

前回の通帳入れはお金が貯まるように縁起物デザインにしたため、今回は柴犬デザインをするつもりです。

ところでこの図案、どこかで見たことがあるような・・・

実は、
f0332658_12042769.jpg

「御朱印柴犬」の構図をそのまま利用しています。

過去に利用したハンコの図案を応用した図案なので、「ジェネリック」はんこと言えるかもしれません。

もちろん、新しい構図への意欲はまだまだありますし、それこそがはんこ作りの楽しさなのですが、
これまでずいぶん柴犬はんこを作ってきたので、それらを応用するのもアリかなと思っています。

いろいろ試してデザインの幅を広げていきたいです。
[PR]
5月20日に図案をご紹介しました「御朱印柴犬」のはんこが完成しました。
f0332658_13590359.jpg

こんな感じ。

印面全体のインク量のバランスを考え、受付所のおじいさん柴は塗りつぶし、御朱印柴は白抜きにしています。

インク色は落ち着きがあって力強い緑にしました。

布に押してみるとこんな感じ。
f0332658_13590345.jpg

はんこは出来上がったので、次は御朱印帳入れの制作へ。

どんな感じに仕上がるか楽しみです。
[PR]
5月15日にも少し書きましたが、現在「御朱印帳入れ」を制作すべく検討中。

その一環としてハンコを彫ってみようと思っています。

図案はこちら。
f0332658_11544311.jpg

受付所で御朱印をお願いする柴犬です。

御朱印を差し出す柴犬は最近よく登場する旅柴犬。

唐草模様の風呂敷が目印です。

受付はおじいさん柴です。

御朱印といえば、前回の旅で初めて見たのは、お寺に常備されていたドライヤーと文鎮っぽい重し。

義母に教えたもらったところによると、ドライヤーは御朱印を乾かすため、重しは掛け軸型の御朱印帳?を広げておくためだとか。

御朱印を頂き始めたばかりの私たちは初めて眼にして驚きでした。

そんなサプライズも与えてくれる御朱印の旅。

頑張ってハンコにしていきます。
[PR]