7月6日に続き、フランス「っぽい」はんこの制作状況です。

今週は「紳士淑女柴犬」はんこの手直しとエッフェル塔はんこを制作でタイムオーバーでした。
f0332658_11573287.jpg

エッフェル塔はんこは下書きの跡も残ったままの状態です。

来週も頑張ります。
[PR]
雨が降ったり止んだりと梅雨時期らしい天気が続きますね。

雨嫌いなポチさんは散歩中も何となく不満げですが、それでもがんばって歩いたり駆け出したりしてくれています。

そんな散歩途中、昨晩のことでした。

散歩の帰り道、我が家がある団地の敷地内を歩いていると、前方の路面に光るものが。

私が最初に思ったのは、ポイ捨てされた煙草の残り火。

ポチさんに踏ませないよう発光物を見ながら歩いていると、フッと消えて少し離れた場所でまた光りました。

しかも光が蛍光色のような感じ。

興味を惹かれたので、近寄ってみてみたところ・・・
f0332658_13283520.jpg

ホタル??

私の住んでいるところはそれなりに開発された街中で、かれこれ30年近く住んでいますがこれまでホタルを見たことがありません。

また私も野生ホタルを見たことがないので、もしかしたら勘違いかもしれません。

仮にホタルだったとしたら、近くに小川があるわけではないので、どこかで飼われていたホタルが逃げてきたのかもしれませんね。

いずれにしても、不思議な体験をしました。
[PR]
7月1日にご紹介したフランス「っぽい」はんこの作成状況です。

大まかに彫り終わったので、試し押し。
f0332658_12122978.jpg

フランスっぽく赤と青のインクを使ってみましたが、まだまだ彫りが荒いですね。

彫り残し部分が多々見られます。

今回は普段使うものとは違う消しゴムを使ってみたのですが、彫っているときの感触が違うので思いのほか苦戦しています。

いつも通りの力で彫ろうとすると彫れ過ぎてしまい、
警戒しながら彫ると、彫り残しが多くなってしまう・・・

弘法大師級なら「筆」ならぬ「消しゴム」を選ばないのでしょうが、私ぐらいの腕ではまだまだ道具に頼っているということでしょうね。

もしかしたら最初からやり直す可能性も含みつつ、頑張って進めていきます。
[PR]
一昨日、昨日と散歩中にポチさんが走りました。

犬が走るのは当たり前では?と思われるかもしれませんが、老犬であるポチさんが走ってくれたのは飼い主にとって驚きとともに嬉しい出来事なのです。

今年の春から散歩の距離が短くなり、カートが必携となったポチさん。

走ることなんて全くありませんでした。

今年の10月で15歳を迎えることを考えると仕方ないことかと思いつつも、また公園の高台に登ったり、小道を走れたりできるよう頑張ろうねとポチさんを励ましていました。

一昨日の夜、いつも通り少し歩いた後、疲れた様子のポチさんをカートに乗せて散歩させていたときのことです。

ポチさんが「降りる!降りる!」とカートから飛び出そうとしていたので、抱えて降ろし、妻にリードを預けたところ・・・

猛ダッシュ!!!

思い切り駆けているポチさん。

ポチさんに連れられて走る妻。

ポチさんと妻の背中を追いつつ、カートを押して走る私。

50メートルほど走ってようやく落ち着きました。

短い距離でしたが、昨日も散歩中にポチさんは駆け出しました。

与え始めた酵素が効いたのか、ポチさんの気まぐれなのか・・・

いずれにせよ、元気な姿を見せてくれるのはうれしいことです。
f0332658_11504259.jpg

[PR]
6月24日にフランス「っぽい」はんこをご紹介しましたが、それらのはんこのメインとなる図案が完成しました。

こちらです。
f0332658_12220631.jpg

パリの街角でカフェを楽しむ紳士・淑女な柴犬です。

紳士柴犬はシルクハットにジェントルマンの嗜み・ステッキを持ち、
淑女柴犬はおしゃれな帽子にネックレスをつけています。

晴れた日、エッフェル塔を望むカフェで紳士・淑女な柴犬が楽しいひとときを過ごしている・・・

そんな私のイメージから生まれたはんこです。

これから少しずつはんこを彫っていきます。
[PR]