聖アントニウス(消しゴムはんこ)

我が家の柴犬・ポチさんは数年前から「てんかん」の症状があり、毎日2回の薬と月1回の定期健診が欠かせません。
f0332658_17381317.jpg

初めて症状が出たのは夜中でした。突然ポチさんは腰が抜けた状態で立ち上がれず、泡を吹いて小刻みを震えていました。

私たちもどうして良いかわからず、声を掛けたりさすったりすることしかできませんでした。

10分~15分ほどで症状が治まり、その後は落ち着いた様子だったのですが、翌日一番でポチさんを病院に連れて行きました。

診断の結果、先生に言われたのが
「幸いにまだ重大な結果に至る状態ではないが、毎日の投薬、月1回の定期健診、半年ごとの脳波検査をしながら症状を診ていかなければならない。」
f0332658_17381436.jpg

いまでこそポチさんの症状を受け入れ、上手に付き合っていこうと思えるようになりましたが、当時はとてもショックを受けたのを覚えています。

そのときに知ったのが、動物の守護聖人である聖アントニウスでした。

私はキリスト教徒ではないので都合が良い願いとは思いましたが、少しでもポチさんの症状が回復するようにと願い、はんこでその姿を彫っていました。

その絵に向かって拝んでいるときには、ちょっとだけ心が休まったような気がしました。

その後、1度発作がでましたが、今のところ症状は落ち着いており、前回の脳波検査では、もう半年様子をみて問題なければ薬の量を半分にできるぐらいになりました。

いまでもこの絵を我が家に飾り、ポチさんが健やかな老後を過ごせるようお願いしています。
f0332658_17381562.jpg

[PR]
by inutoma | 2014-05-07 17:35 | 消しゴムはんこ | Comments(0)