柴犬 日帰り検査入院(銀柴)

今週土曜はポチさんの脳波検査。


ポチさんには「癲癇」の症状があります。

人間の癲癇は知っていましたが(「知の巨人」南方熊楠など)、犬にもあることをポチさんで初めて知りました。

数年前癲癇が初めて発症したときの様子は今でも忘れられません。

その後、発作を抑えるため、毎日の投薬と月次の検診、そして半年毎の脳波検査を受けています。

そのおかげか、今のところ大きな症状は起きていません。


脳波検査の日は午前中にポチさんを病院に連れて行き、
検査は昼に全身麻酔をかけて行われ、
我々は麻酔が解ける夕方頃に迎えに行くという流れです。

検査の時には、もし悪いところがあるなら早めに見つけたいという思いの一方で、悪い結果を聞くとストレスを感じてしまうだろうなという矛盾した気持ちでいつもモヤモヤしてしまいます。

とはいえ、ポチさんの長生きのために頑張ってまいります。
f0332658_12212127.jpg

by inutoma | 2014-11-06 12:17 | 柴犬 | Comments(0)